カンジタは性交が原因で感染するので注意が必要です

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

症状の違いを確認しておく

悩む婦人

カンジタの症状はクラミジア感染症やトリコモナス膣炎にとても似ているので、症状の違いを知っておくことはとても重要です。カンジタは軽視されていますが放っておくと再発しやすい体になってしまうので注意が必要です。

もっと読む

対策方法を学びましょう

困る婦人

再感染の確立がとても高くなっているカンジタの感染原因を知っておくことで予防できます。繁殖を防ぐには常にデリケートゾーンを清潔に保つ必要があるのでおりものシートを使用している人は頻繁に取り替えましょう。

もっと読む

重症化する場合の症状

ヒップ

多くの女性が感染している病気の中にカンジタがあります。ストレスや疲労、陰部の不衛生が原因で簡単に発症してしまいます。カンジタはカビの一種と言われていますが、もともとは女性器の中に赤ちゃんのことから生息しています。そのカンジタが何らかの原因によって増殖し、女性器に炎症を引き起こしてしまします。カンジタはデリケートゾーンの感染症になっているので、放っておくと完全がどんどん広がってしまう場合があります。カンジタには自覚症状があるのでそれを知っておくと、自分で気づくことができます。子宮は毎日おりものを分泌していて、正常なおりものは白くて透明です。しかしカンジタを発症している場合には、白くてぽろぽろした固まり状のものが分泌されます。また膣の内側や周辺に強いかゆみを引き起こすのでほとんどの人がこの段階で異変に気づけます。人によっては症状があまりない人もいますが、性交通や性交後に出血する人もいるので軽視してはいけません。
カンジタは薬の服用で比較的簡単に治療できますが、ライフスタイルを変えるだけで予防が可能です。免疫力が低い人はカンジタを発症しやすくなっているので、免疫力を高めるだけで予防が可能です。ストレスや疲労にとても弱い菌なので、毎日でき度な運動や睡眠をしっかりとっていると簡単に予防できますが、デリケートゾーンを清潔に保つことが一番重要になっています。デリケートゾーンのムレが原因でカンジタが繁殖してしまう恐れがあるので、通気性の良い下着を着るようにしましょう。生理中はナプキンを放置せずに頻繁に取り換えると清潔さを保てます。

感染元を知っておこう

お尻

デリケートゾーンの感染病で1番多く挙げられているのがカンジタです。感染力はあまり高くありませんが、ストレスや疲労が原因で発症する場合もあるので注意する必要があります。

もっと読む