カンジタは性交が原因で感染するので注意が必要です

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

対策方法を学びましょう

困る婦人

カンジタ菌の主な感染経路は自己感染です。カンジタ菌は性器粘膜周囲や消化管、皮膚に存在していますが、何らかの原因で増殖してしまい、子宮で炎症を起こしてしまいます。妊娠中の人は糖尿病などの病気を患っている人は比較的感染しやすくなっています。人によって症状が違うので、重症な場合には病院で治療する必要がありますが、症状がそこまでひどくない人は市販で購入できるカンジタ用の薬で治すことが可能です。しかしカンジタは再感染する可能性があるので予防方法を知っておく必要があります。
カンジタを予防する方法の1つが免疫力を高めることです。カンジタによく感染する人と、そうでない人の違いは免疫力にあります。免疫力が低下していると簡単に感染してしまうので、毎日栄養バランスのよい食生活を送ることが重要です。適度な運動をして、質のよい睡眠をすることでストレスや疲れが溜まらないので簡単にカンジタに感染しない体を作ることができます。そしてカンジタに感染してしまった場合には繁殖しにくい環境作りが大切になってきます。通気性によい下着を着用し、おりものシートを日頃から使用している人は、こまめに取り替えることでデリケートゾーンを清潔に保つことができ、繁殖を防げます。性交が原因でカンジタに感染してしまった人は、今後コンドームを着用することが大切です。性交での感染の確率は低くなっていますが、カンジタに感染している時に性交してしまうと、繁殖の原因になってしまうので注意が必要です。