カンジタは性交が原因で感染するので注意が必要です

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

感染元を知っておこう

お尻

女性のデリケートゾーンはとても敏感で、少し細菌が付着するだけで増殖してしまう場合があります。デリケートゾーンの感染病は沢山ありますが、その中で最も代表的と言われているのが膣カンジタです。カビの一種であるカンジタが原因で膣などの性器に炎症を起こしてしまいます。カンジタは女性器だけでなく、口の中や皮膚、腸などあらゆる場所に感染しますが、比較的女性器に多く感染しています。それほど強い菌ではありませんが、増殖してしまうとなかなか完治出来ずに、炎症が長引いてしまいます。カンジタに感染するとひどい痒みに悩まされます。その時強く掻いてしまうと、デリケートゾーンに傷が付き、余計にカンジタが増殖してしまいます。カンジタに感染した時には婦人科に行って適切な治療をしてもらうことがとても重要です。免疫力が人は比較的感染しにくくなっていますが、弱い人は体調を崩すだけで感染してしまうので注意が必要です。カンジタになってしまっても、自分の力だけで治すことができる人もいますが、異常増殖してしまう女性も多くいます。日頃からストレスや疲労を溜め込んでいる人は体力が落ち、カンジタが増殖してしまう傾向があります。毎日仕事に追われている女性はなるべくストレスを発散しつつ、疲労を溜め込まないようにしましょう。糖尿病の人も発症し易いと言われていて、薬を飲んでいる人は増殖傾向にあります。しかし病院で治療を受けることですぐ完治できるので安心です。若い女性がカンジタを発症する理由の1つに性交があります。男性性器に付着している菌が原因で発症する場合もあれば、使用したコンドールのゴム製品が体に合っていないためにカンジタを発症してしまう場合があるので注意が必要です。